2017/09/27

ニチベイ 色を活かしたブラインドの事例

 ブラインドでお色を入れるのはなかなか勇気が要りますが、
お部屋の内装に合わせるととても素敵になるという事例です。

こちらはゲストルームの窓に
オレンジのプリーツスクリーンを合わせました。
ブラインドの上部とボトムの色も
生地に合わせてこげ茶にすることで、
ぐっとモダンな印象になりました。



書斎兼ご寝室には抹茶グリーンの不燃布のプリーツスクリーンを。
こちらのお部屋にはシャッターがついていましたので、
あえて、光を通すと表情が変わるものを選びました。



こちらの写真だと光が入った時と、
暗い時の差がわかりやすいかと思います。
1日の中で窓辺の表情が変わると、
飽きが来ないので長くお使いいただけます。





もともと押入れだったところの扉を撤去し、
中を見せる収納にしていらっしゃいましたが、
まだ少し内部に余裕があるので、
写真の上段にある荷物は中に収納するということで、
空間の広がりを保つために
あえて天袋より下にロールスクリーンを設置。

ただ、いつでも天井からの位置に変更できるように、
ロールスクリーンの長さは天井から床までお作りしました。





0 件のコメント:

コメントを投稿