2012/09/27

テキスタイルアート

世の中にはこんな生地もあります。

って良い意味で衝撃を与えてくれる生地。



ランダムなカタチにカットされた生地をパッチワークでつなげています。
(生地の端の始末も注目です)

どれだけの手間が施されているか、また、こうしたデザインを発想できるなんてすごいなー
と思わず感嘆してしまいます。


しかも、このパッチワーク、ひとつひとつが異素材なんです。




場所によってすけ具合も違います。

布にメタル素材を入れ込んでいるので
ガサガサとしたおもしろい表情。


こちらの生地はKINNASANDというブランドのものです。


ラブリー!

プリントは圧倒的に海外のブランドのものがカワイイです。
おそらく発色の違いだと思います。







こういう柄の際はできればレールも可愛いものに揃えてあげると
ぐっと雰囲気が作れます。



国内ブランド&輸入ファブリックス。オーダーカーテンのhang.
TEL.03-3355-7320

FISBAのアートのようなカーテン





 写真でわかりますでしょうか??

グレーベージュの生地に、自然をモティーフにした刺繍が施されています。





寄るとこんなカンジです。




....若干ブレてますが。
そしてレースはブルー。(3枚目参照)
落ち着いた色みですが、思いっきり個性的な窓辺に仕上がりました。




国内ブランド&輸入ファブリックス。オーダーカーテンのhang.
TEL.03-3355-7320


自然素材のカーテン

今インテリアのトレンドは「自然素材」だと思います。

弊社へお問い合わせいただくお客様でもリネンやコットンで、
とおっしゃる方が以前と比べ多くなりました。


今回の方も
100%天然素材で、というオーダーで、
Sandersonのコットンのドレープに
MANATEXのリネンのレースを合わせました。





毎度のロースキルな写真のため、質感があまりお伝えできないのですが、
やはり手触りなど、本当に気持ちいいです。


特にリネンは水を通すと縮むので、
製作前に一度「湯通し」という作業をして、
生地を縮ませた後、縫製いたします。


バルコニータイル

今回はウィンドウトリートメントではないのですが、
バルコニータイルをご紹介いたします。


弊社が扱っているバルコニータイルはセキスイのこちらの商品。



バルコニーを広めにとるマンションが最近増えてきていますが、
バルコニータイルを敷くことで、
リビングとの一体感が生まれます。







元々はよくある一面コンクリートでしたが、
30cm角のタイルを敷き詰めアウトドアリビングを再現しました。





施工の際、寸法的にどうしても調整が必要な箇所もあります。

そうした箇所もきれいにお納めできるのが、
オーダーいただくメリットだと思います。

例えば以下の写真。



 このように排水パイプがあったり、
凸凹がある箇所を、
タイルを削り、
調整材を計算し、お納めします。





TEL.03-3355-7320

ブラインド事例

壁やお部屋の雰囲気に合わせてセレクトした例をご紹介します。




まずはキッチン横。油なども使う場所なので、そうじのしやすさを考えウッドブラインドに。
かわいい天井のクロスに合わせてピンクのラダーテープをあわせてみました。



つぎはダイニング。
このほかに大きな窓が2あり、プリント柄のカーテンを選んでいたため、
そちらの主役の窓を邪魔せず、雰囲気を出せる
ホワイトのスラット×ホワイトのラダーテープのウッドブラインドをご提案いたしました。




さいごにバスルーム。
ここもグリーンのアクセントウォールがあったので
ブラインドもグリーンに。

アルミブラインドは色の展開も多く、価格も抑え目なので
思いっきり色で遊んでみるのもいいかもしれません。


国内ブランド&輸入ファブリックス。オーダーカーテンのhang.
TEL.03-3355-7320

小窓には何が合う?

階段やロフト、高窓など、ご予算やメインの窓とのバランスを考え、
どういうものがいいか?
割と最後の最後で悩む場所です。


今回は以前も何度か製作しているロールアップシェードとウッドブラインド、プリーツスクリーンの事例です。


まずはロールアップシェード


こちらはシェードのスタイルですが、
実はフラットカーテンにリボンをつけただけのシンプルな仕様です。



次はウッドブラインド


こちらは天高が120cmほどのロフトスペースです。
ここにカーテンを持ってくると圧迫感も出ますし、
結露や熱効率の問題も出てきます。

なのであまり厚みの出ない3.5cm羽巾の
ウッドブラインドを選んでみました。




最後はプリーツスクリーン。

写真では光の加減で見えずらいですが、
2窓のうち、高窓部分に使用しました。




こちらはFIXの窓なので、換気や通風の考慮はいらないということで、
操作性や光量の調整、下の窓のカーテンとのバランスを考え、
白のプリーツスクリーンに。

和紙っぽい素材のものでしたが、
下のロマンティックなデザインにも違和感無くなじんでいました。


国内ブランド&輸入ファブリックス。オーダーカーテンのhang.
TEL.03-3355-7320

タッセルとのバランス 


 今回は、シックなカーテンに合うタッセッルを探しにショールームへ。

色やデザインのバランスをあーでもない、こーでもないと悩んでみました。







個人的には2番目と4番目のグレーっぽいタッセルがいいかなーと思い、
お客様にご提案させていただいたところ、
気に入っていただけたので、よかったです。


国内ブランド&輸入ファブリックス。オーダーカーテンのhang.
TEL.03-3355-7320